DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

 DEEP PURPLEサード・アルバムの好評価を受けて、ジョン・ロードがBBCの要請により作曲した協奏曲。「コンチェルト・フォー・
グループ&オーケストラ」メンバー全員が参加しています。ロイヤル・フィルハーモニック・オーケス ...

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ハード・ロックのというよりロック・アルバムの中でも名盤中の名盤と言って過言ではないディープ・パープル全盛期(第2期)の「ディープ・パープル・イン・ロック」。このアルバムを聴かずしてロックを語るなかれ!

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ハード・ロック路線第2弾。タイトル曲が光る大人なディープ・パープルの正統派アルバム「FIREBALL」

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ディープ・パープル全盛期ともいえる第2期で、スタジオ盤してはもっとも輝かしい売り上げ(300万枚)を上げた「マシン・ヘッド」。大ヒット曲の“ハイウェイ・スター”や“スモーク・オン・ザ・ウォーター”も収録されており,ロック至上記念に残る ...

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ロック界の歴史に残るディープ・パープル1972年8月に実現した初来日コンサート「ディープ・パープル・ライブ・イン・ジャパン」実況盤。当初は日本だけの発売予定でしたが、あまりにもできがいいため世界中で販売されて大好評となった記念すべきラ ...

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

第2期ディープ・パープル最後のアルバムとなった「紫の肖像」。日本ファンにはありがたい“ウーマン・フロム・トーキョウ”を含む全7曲。このアルバムをひっさげて2回目の来日公演を行うのです。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

デビッド・カバーディルとグレン・ヒューズを新メンバーに加えた第3期ディープ・パープルの第1弾アルバム「紫の炎」。アルバムタイトル曲“Burn”と“Mistreated”は不朽の名作。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ディープ・パープル第3期第2弾アルバム「嵐の使者」。このアルバムのレコーディング後、リッチー・ブラックモアは脱退します。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

第3期ディープ・パープルの最後のヨーロッパ公演から抜粋した渾身のライブ5曲。聴き応え十分です。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

第4期ディープ・パープル。解散前、最後のアルバムとなった「カム・テースト・ザ・バンド」。賛否両論はあるけれども、音楽的にはよく出来たアルバムではあります。