LITTLE FEAT(リトル・フィート)

すでにベテランの領域にきこえる独特のサウンドを築いたリトル・フィートの渾身のセカンド・アルバム「セイリン・シューズ」

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

評論家たちが絶賛するリトル・フィートのいぶし銀的なサード・アルバム「ディキシー・チキン」。ニューオリンズ・ファンクという新しいサウンドをもたらしてくれた佳作アルバム。

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

リトル・フィート4枚目のアルバム。この作品から次第に売れて来て、音楽的にもとっつき易くなっていったアルバムです。

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

グループとしてのまとまりが感じられるリトル・フィートの5枚目のアルバム「ラスト・レコード・アルバム」。ローウェル・ジョージが歌う“Long Distance Love”は至玉。

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

ローウェル・ジョージの体調不調のためアルバム作成が延期され、しかも再びテッド・テンプルマンをプロデューサーに制作された1977年発表のリトル・フィート6枚目のアルバム。ドゥービー・ブラザーズのメンバーがゲスト参加。

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

ローウェル・ジョージ在籍時の唯一のライブ・アルバム。リトル・フィートがライブ・バンドだということを証明する素晴らしいアルバム。このアルバムを聴かずしてリトル・フィートを語るなかれ!

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

ローウェル・ジョージが急逝し、ケンカ別れした録音に手を入れて完成されたローウェル・ジョージ参加の最後のスタジオ盤。優れた楽曲が多く、ローウェル・ジョージ参加時のリトル・フィートのアルバムでは一番売れたアルバムとなりました。

LITTLE FEAT(リトル・フィート)

リトル・フィートのリーダーだったローウェル・ジョージの最初で最後のソロ・アルバム。ローウェルのボーカリストとしての魅力満載のアルバム。

EAGLES(イーグルス)

記念すべきイーグルスのデビューアルバム。カントリー色が強い印象がありますが、それだけでは終わってない大物ぶりの片鱗がすでに聴ける秀作です。

EAGLES(イーグルス)

イーグルスのセカンドアルバム「DESPERADO(ならず者)」はウエスト・コーストのミュージシャンには珍しいコンセプト・アルバムです。タイトル曲“Desperao”や“Teguila Sunrise”など名曲揃いのアルバムで、イーグル ...