DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

1984年ついにDEEP PURPLEが第2期のメンバーで再結成されることが発表されました。そして満を持してニューアルバム「パーフェクト・ストレンジャーズ」が発売されたのです。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ついに再結成時の黄金期のディープ・パープルの動画が発売された。約30年の時を超えて登場する懐かしのライブ。1985年の日本公演を観た人は必見。そうでないかたにも是非観て欲しいこれぞノー・ギミックのライブ。地球の反対側で真夏のクリスマス ...

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

再結成第2弾「ハウス・オブ・ブルー・ライト」。第1弾と比べると一般的には評価は低いですが、リッチー・ブラックモアもかなりギターを弾きまくっており、聴き応えは十分です。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

再度イアン・ギランが脱退し、元レインボーのジョー・リン・ターナーを迎えて制作された「スレイブ・アンド・マスターズ」。レインボー色は否めないが、大変よく出来たアルバムだと思います。

DEEP PURPLE(ディープ・パープル)

ジョー・リン・ターナーが脱退後、再び黄金期のメンバーが揃った「紫の聖戦」。最後の断末魔ともいえる作品

FREE(フリー)

「TONS OF SOBS(トンズ・オブ・ソブス)」はフリーの記念すべきデビューアルバムです。メンバー4人がそれぞれ卓越した才能を持ち、全員が十代でありながら、素晴らしいブルース・ロックアルバムを作り上げています。

FREE(フリー)

 いぶし銀とも言えるFREE(フリー)のセカンドアルバムは、地味ながらこれぞフリーのサウンドといえる、ロジャース/フレーザーの最高コンポーザーコンビの誕生を感じる、素晴らしいアルバムです。コソフのギターこそ抑え気味ではありますが、この ...

FREE(フリー)

FREEサウンドの金字塔、それがこの“FIRE & WATER(ファイアー・アンド・ウォーター)”のアルバム。弱冠20歳前後の若者が作り出したとは思えないこのサウンドは時代を超えて聴く者の耳に感動を与える

FREE(フリー)

 FREEの栄光はもはやこれまで・・・。完璧なアルバム「HIGHWAY(ハイウェイ)」を作り上げた彼らの先には極東ツアー途中の空中分化だった。しかし、その解散がFREEの価値を損ねるものではないことは、このアルバムの品質が証明していま ...